Blogブログ

2022.07.23

飛び込む勢い

私の親は離婚しています。

今の仲は 少し話す程度

結婚式に夢見る私はこんなことを考えたことがあります

私がもし

結婚式を挙げる時 親族卓 どうしたらいいんだろう

父母共に 気まづいかな とか

気になった私は 母に聞いてみました

すると母は 私は友人卓 でいいよ

そんなの私がよくない!!

モヤモヤは消えずに 話は流れました

とある日 母から 結婚式挙げるときは

『 ちゃんとふたり親族卓座るからね 』

と 私は驚きました

時間が経った時分かったのですが

母の気持ちを変えてくれたのは幼なじみでした。

ずっと幼なじみには 結婚式は家族に気持ちを伝えたい と想いをよく語ることがありました

その私の想いを知ってる幼なじみは

こっそり 私の母に なにか 伝えてたみたいです。

有賀さんのお話を聞き この事が蘇りました

この沢山の結婚式の裏側には

なにか言えてない 想い が探せば山ほどある

言葉のチカラ ってすごい

本当のことを言いたいけど言えない

勇気

それを伝えられる絶好の機会が 結婚式

私はこの チャンスのある結婚式 に

思いっきり

大事に育ててくれた親に

ぶつかって素敵に砕けて欲しい という気持ちが

強くなりました

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。