Blogブログ

2022.07.22

#3 人生の背景にスポットライトを

皆さんこんにちは!

本日は、荒井桃里(ももりん)のコラムを開いていただき、ありがとうございます!!

今回は先日行われた有賀さんによる特別講座②day2について思いと学びを綴っていこうと思います。

まず初めに、前回の特別講座②で学んだ「目に見える観察、目に見えない観察」を元に、全員で実践してきた観察についてディスカッションをしました。「目に見える観察」に関しては、洋服やアクセサリーを見たり、靴を見たり、相手の動作を見たりなど、人によってそれぞれ見る視点が全然違ったので、観察をしている過程や観察結果を共有した時に「そんな観察の仕方があったのか!」「その発想はなかったな…次からそうしてみよう!」と驚きと共に学びになりました。「目に見えない観察」に関しては、それぞれの想像力が試され、なんとなく同じような人を観察していても、その観察結果をもとにした想像の内容が全くと言っていいほど違う結果になったので面白かったです。前回の特別講座②からの期間で実践してみて難しいことは多かったのですが、その分気付きや学びも多かったので引き続き実践していこうと思います。

今回の講座の中で特に印象的だったのは、「プランナーは当日だけでなく、普段から周りに愛される存在でいることが大切」ということです。結婚式といえば、新郎新婦のお二人はもちろん、参列してくださったゲストの方々に目を向けると思います。確かに、結婚式のターゲットは新郎新婦のお二人とゲストの方々ですが、「そもそも結婚式を一緒に作り上げるスタッフに目を向けられているのか」について深く考えました。結婚式当日、たくさんの方々により楽しんでいただくためには、前回学んだ「心の温度」を上げることが必要となってきます。しかし、やらなければいけないことや大変なことが多いからと言って、プランナーが結婚式を一緒に作り上げるスタッフにピリピリと当たってしまっては意味がありませんし、まずサービスするスタッフが楽しんでいなければゲストの方々にも楽しんでもらえません。だからこそ、プランナーがその結婚式に関わる全ての人の「心の温度」を上げることが大切です。また、全員の「心の温度」が上がり、楽しい気持ちで結婚式に向き合えることで、ゲストの方々により楽しんでもらえることはもちろん、各セクションの方々が遠慮することなく「もっとこうしたらいいよ!」と提案できることにも繋がり、結婚式で一人ひとりが輝くことができます。このように、プランナーがゲスト・スタッフと区別なく、全員の「心の温度」を上げることで、結婚式に還元され、たくさんの良い影響が及ぼされると私は考えました。そして、プランナーの存在の重要さも感じました。

また、結婚式の事例を見ていく中で、一般的な幸せな結婚式を作り上げているご夫婦もいれば、その一方で誰にも言えない思いを元に未来を変える結婚式を作り上げているご夫婦もいました。結婚式のメインは新郎新婦ですが、新郎には新郎の、新婦には新婦のそれぞれの人生のストーリーがあります。今後は、そのような新郎新婦お二人の背景(人生のストーリー)にスポットライトを当てた結婚式が求めらえ、重要になってくるのではないかと私は考えました。

有賀さん!今回の貴重なお時間と素敵なお話、たくさんの学びをありがとうございました!!!

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。