Columnwetukuアカデミア コラム

2022.06.24

“?”に向き合う

第1回目の特別講座を終えて。
講義の内容について考えた事を書く前に、
まず私が1番思った事を書きたいと思います。

それは“wetukuの人の温かさ”です。
思わず自身のTwitterにも呟いてしまったのですが、やはりwetukuアカデミアというのは
本当に人の温かさを感じられる最高のコミュニティだと思いました。
何か投げかけられた問いに対して、 30通りの考え方や答えが出てくる。
これって当たり前だと思うし、みんな分かっている事だと思います。
でもここに対して
意見を言って、「おおーなるほど、素晴らしいですねえ」
考えを伝えて、「とてもいい!ナイスシェアです!ありがとう!」
議論をして、「今すごく最高の時間だね!」
こうやってしっかり言葉にして伝えてくれる。
これをしてもらえる環境って、当たり前ではないし、とても素敵だなと私は感じました。

そして私が講義の中で1番大事にしたいと思った事は
「“?”に向き合う」という事です。
自分が何か問いを与えられた時、ただ漠然と抽象的な答えをいきなり出すのではなく、
「どうしてこの問いが与えられたのだろう?」
というところから始まり、
「どうしてこう思ったのだろう?」
こう思ったのなら、
「どうやって考えて繋げていくのがよいのだろう?」
このように“なんで?” “どうして?” “どうやって?” 
と、自分の中の“?”としっかり向き合って追及していく事を大切にする必要があると
改めて気付かされました。

というのも、私は自分の考えや思いを持っていても、人に伝えるのがすごく下手なのです。
そして頭の中でずっと考えて分からなくなって、結局まとまらずに終わってしまい、
物事に対して“なんとなくこう”という感覚が自分の中にどんどん溜まっていっています。
だから、今の私に出来ていなくて、1番必要なことは、きっとこの「“?”と向き合う」
事だと思うのです。
最初からうまくいかなくても、この“思考のクセ”をつける事で、きっと変わってくるのではないかなと思います。

課題や問いを投げかけられた時に限らず、自分が何か壁にぶつかった時、悩んだ時も
一つ一つの“?”をしっかりと追及すれば案外答えはシンプルに出てくるかもしれません。

ブライダルの事に関わらず、自分が日々過ごしていく中で大事にできるもの、
そしてこれから働いていく上で持っておくべき考えを知る事ができた貴重な講義でした。

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。