Columnwetukuアカデミア コラム

2022.06.17

今後の私に期待!!

こんにちは。wetukuアカデミア2期生のみずきです!
ついに、wetuku2期のプログラムがスタートしました!
合格が決まった日には、まだまだ夢のような感覚で、地に足がついていませんでしたが笑、
初日のオリエンテーションは、それまであった緊張感を期待感に上手く切り替えて臨むことができたように思います!
それでも、いざオリエンテーションを終えてみると、私なりに課題点も沢山出てきました。
今回は私史上初コラムということで上手く言語化できるか分かりませんが、初日の振り返りを綴りたいと思います。オリエンテーションで最初に感じたことは、トップバッターに挑む勇気を持つことの難しさでした。一人ずつ挙手制で自分の志とwetukuへの意気込みを語る自己PRの時間。やはり志の高い人が集められているだけあって、みんなの積極性と勇気に圧倒されました。みんなに比べて私は未だに自分自身で志を整理仕切れていない。そんな思いで、整理する時間を作っていたら、積極性を持つことが難しくなっていました。
しかし、最後までオリエンテーションを過ごして、この積極性が持てるかどうかは、「当事者意識を持てるかどうか」なのだと学びました。
”あなたの志は何ですか??”
1対1で会話しているときに、そう尋ねられたら、まだ整理がついていなくても努力して何かしら答えていたと思います。でも、1対複数人の場で同じことを尋ねられたとき、当事者意識が薄いと、答えがまとまらないのを理由に、発言を人任せにしてしまう。この差が積極性に影響しているのだと気づきました。
今後も2期生30人で取り組んでいくアカデミア。限られた期間でできるだけ大きな学びと成長を得るために、当事者意識を強く意識して取り組みたいと感じました。

限られたオリエンテーションの時間の中で、当事者意識の重要性に気づけてきた私は、徐々に遠慮せずに勇気を持って関わることができたように思います。しかし、それでもまだまだぎこちない自分がいることも痛感しました。最初は、そんな自分や環境にマイナスな印象を抱いてしまっていましたが、振り返って考えてみると、これは、相手ともっと心地よく関わりたい、そんな私の大事な個性の現れなのだと気づきました。今はマイナス感情にはたらいてしまっても、そう感じられる私の強みだと受け止めて、2期生全員が今すぐにでも自分らしく関わっていけるような環境を率先して作っていきたいと思います!

最後に、私の志は、
”個性のアンサンブルで世の中を魅了するチームを作ること”です。
この志には、一人一人の個性を最大限に発揮し、その個性が合わさることで、全体として大きな成果・成長を生み出すことができ、結果として、自分自身の人生に愛着と誇りを持ってほしいという思いがあります。(やはりまだ整理したい笑)
今後もこの志が大きく変化することは無いだろうと、大変納得しているのですが、
今回wetukuにコミットするにあたって、ウェディングにおける志を決めることの重要性を感じました。
他のメンバーに比べて、まだまだウェディングに対する知見や考えが浅い私ですが、今後wetukuで活動できる環境に感謝して、ウェディングを通して私が成し遂げたい未来を本気で考えていきたいと思います!!!
大変長くなってしまいましたが、今後ともよろしくお願いいたします!!

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。