Columnwetukuアカデミア コラム

2022.06.16

怖くても進め

はじめまして!
長野県出身、今は千葉の大学に通う大学3年生の矢ヶ崎 七海(やがさき ななみ)です!

wetukuアカデミア2期生として、いよいよオリエンテーションを終え、「始まったんだ!」という実感が湧いてきました。

私がwetukuアカデミアを知ったきっかけは、大学の先輩からの連絡でした。それも、応募締め切りの2時間前。(笑)今考えると、あの時の私の行動力はとてつもないスピードだったなと感じます。どんなことをするのか大急ぎで確認し、締め切り40分前に提出。提出することで頭がいっぱいで、自分が書いたことなど記録しておくことを忘れるというやらかしをしながら、私はwetukuアカデミアの1歩を踏み出しました。

さて、オリエンテーションを終えて思ったこと。それは、『自分の言葉で相手に伝えることの大変さ』そして『言葉の温かさ』です。これは、今まで私が、人生の中で知らない間に避けてきた大きな壁であり、1番欲しかった物のように感じました。
今までの私は、自分で何かを発信することに躊躇いを感じていました。その理由は、「否定されるのが怖い」から。昔、私が言ったことに対して「それは違うよ、こうでしょ」と否定された経験があり、そこから自分の意見を言うのが怖くなってしまいました。それからというもの、『相手の意見に全て合わせる。私は聞く専門。』そんな呪いを自分でかけていました。だから、いざみんなの前で自分の志を話すことにとても怖く感じました。ほぼ初対面の人に自分の気持ちを話す。そんなチャレンジングなことは初めてだったと思います。みんながどう思うんだろう?そんな不安な気持ちでいっぱいでした。そこで来た2通のチャット。そこには、『結婚式場をご家族の思い出に!めっちゃいい!』『結婚式後も思い出の場所としてサポートしていきたい志素敵です!』という言葉。これを見た瞬間、発表が終わった開放感と安心で涙が溢れそうになりました。
このアカデミアには、誰も私の考えを否定する人はいない。逆に、お互いの考えを認め合い、鼓舞していく。こんな素敵な場所は他にないなと感じました。

『怖くても進め』

タイトルにもしたこの言葉。これは、私の好きなアーティストが歌う曲の歌詞の1部。「〈怖がらずに進め〉というワードはあるけど、不安や恐怖がなく進むってウソだと思うから」そんな思いから生まれた歌詞です。
これを見て、今の私にピッタリ当てはまるなと感じました。自分の気持ちを話して否定されるのが怖い、だけどチャレンジしていく。私自身の成長のためにも、この言葉を胸に、これから進んで行きたいと強く思います。

最後に、このwetukuアカデミアで出会えた”キセキ”に感謝して、これから頑張って行きたいと思います!アカデミアのみんなが笑顔いっぱいの花を咲かせられるように、私が笑顔の種をまいていく、そんな存在になっていきたいと思います!
改めまして、これからよろしくお願いいたします!

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。