Columnwetukuアカデミア コラム

2022.04.27

1期生の活動を終えて

こんにちは^^
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
企業研究ファカルティに所属しておりました唯です。

2期生リリース直前、久しぶりのコラム投稿になってしまいました^^;
期間が空いた理由として、wetukuアカデミア生活は就職活動と並行して行っていたため、そちらもケジメがついてからコラムを投稿したいと思っていたからです。
その結果、修了してから2ヶ月も経ってしまった、、、というわけです。

少し長くなってしまうかもしれませんが、現在の気持ちを当時を振り返りながら綴らせていただきます。

======

私は
自分を信じることがとにかく苦手でした。
自己肯定感はそこまで低くないと思うのですが、遠慮や不安が大きい性格であるため、「自信を持って!」と言われても、そんなことないのに。と思ってばかりでした。
しかし、Wetukuアカデミアでの活動や就職活動を通じて、自分を信じることができたことや愛することで強くなれるということを学び、実感しました。

ただ、私1人で強くなれたわけでは決してないです。

自分1人で抱えていた思いを、たくさんの方に話し、アドバイスを貰い、自分自身と向き合い、発信を続けたことで、信じる気持ちや想いが大きく、強くなったり、自分の気持ちが見えやすくなったりしました。

そしてwetukuアカデミアを通じて、「どんな私も私でしかない、同じ個体は1つもないのだから比較しても仕方ない」と受け止められるようになってきました。

あなたはあなたのままでいい
誰ひとり同じ人間はいないし、
似ていたとしても考え方が全く同じ人もいない

それを知った時、私は私でいいと思えるようになりました。

これは仲間と共に過ごした半年間はもちろん、研究を通して出会った企業の皆様、お世話になった業界の方々、携わってくださった方々のおかげです。

時に諦めそうになったり、もう無理だと泣いた時もありましたが、たくさんの方に支えてもらい、最終報告会まで走り切ることができました。

ーーーーーーー

就職活動でも同様のことが言えると思います。
最終選考の日、自信を持つというより、自分に”なった”感覚がありました。
何も怖くない、誰にも文句は言わせない、だって私の人生だから。
こんなにも強気で、想いを届けよう、受け取ってほしいと思ったことは人生で初めてでした。

そして、想いを受け取っていただくことができました。
就職活動は終えましたが、終えて痛感するのはここからがスタートだということです。
気を抜かず、 1年後良いスタートが切れるように、学びを続けていきます。

======

ここまで自信を持てるようになったとかなり言ってきましたが、自信を完璧に持てるようになったわけではないです。(えっ)

考え方が少し変わっただけだと思います。
これは関わる人や環境で大きく左右されるものだと感じます。

今、新しい環境に飛び込もうとする人へ
不安、怖い、緊張する
これは最初だけだと思います。
踏み出してしまえば、あとは流れに身を任せ、頼り合いながら進めばいいのです。

なんて偉そうなことを言ってしまいすみません(笑)
ただ、どうしようどうしようと言っていた人間が人生なるようになるか!と思えるようになったという事実があるので、わりと当たっているのかなと思います。

今もたくさんの人に支えてもらってばかりですが、同じくらい支える、と言うような烏滸がましいことは言えないので、そばにいてそのままでいいの、と背中をさすったり、ポンと背中を押し、また少し歩いてみようかなと思えるきっかけをプレゼントできる人間になりたいです。

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。