Columnwetukuアカデミア コラム

2022.03.02

wetukuアカデミア最終報告会を終えて

wetukuアカデミア、半年間本当にありがとうございました。

間違いなく、人生で1番の経験でした。

この場を創ってくださった守さんをはじめとする運営メンバーの皆様、佐伯さんをはじめ支えてくださったプロフェッサーの方々、協賛してくださった皆様には感謝してもしきれません。

ここからは、私のこれまでの心境をすべて、正直に、お話します。

私はこの半年間で、”いろんな自分”に出会い、認めたくなくて投げ出しそうになりながらもひたむきに向き合いながら、そして皆と励まし合いながら、ここまで来ることが出来ました。

お久しぶりです、”弱い自分”。

タスクが重なって手が付けられなくなり、何もできない無力さに嫌気がさし、何もかも逃げ出したくなった。辞めたいと言った。そんな時、鳥居さんが「文章だけじゃわからないから、直接話したい」とお時間を作ってくれました。あの時あの30分がなければ、私はここにいなかった。鳥居さんの優しさに包まれてばかりでした。ありがとうございました😊

“誰かの役に立てる自分”

“頑張っている自分”

“自ら行動を起こす勇気のある自分”

“周りを引っ張ることのできる自分”

“ダサい自分””暗い自分””自信のない自分”

全部ひっくるめて比嘉結花。「弱いところも他人から見ると魅力だったりするんだよ、全部好きになっちゃえ」守さんからのこの言葉のおかげで、前より自分が好きになりました。守さんに何回励まされてきたかわからないぐらい、本当に助けてもらいました。ありがとうございました😊(書きながら泣きそうw)

皆に少しでも勇気を与えることが出来たかな?私がいることで、役に立てたかな?もしそうだと、嬉しいです。

リハーサル。いつも助けてくれた武さん、鳥居さんの優しい表情に、背中を押されました。いつも本当にありがとうございました。

最終報告会、いざ舞台に立って、見た景色。直前まで緊張しなかった私ですが、自分の番になった途端、どっと込み上げる何とも言えない緊張感。

皆の発表を聞いて心動かされながらも、圧倒されどんどん自分達の発表に自信を無くしていました。最低です。仲間に失礼な事をしたなと思います。ごめんなさい。

仲間は質問の時まで、本当に最後まで堂々としていました。

自分がここまでやり抜いたことに、もっと自信を持つべきだったなと。”私たちらしさ”を見失いかけていました。皆ごめんね。

もっともっと信じて、強く自信を持って舞台に立ちたかった。悔やんでも悔やんでも、あの時間は戻ってきません。この悔しさをバネに、業界に絶対に還元していきたいです!! 

悔しさと、安堵感と達成感と。いろんな意味で涙が止まりませんでした。弱い私は見せたくなくて、また一人で泣いてしまいました😂

『誰かの役に立ちたい』そう思ってアクションをしていた”つもり”でした。結局、自己満足でした。自分本位でした。

もっともっと、自分を信じ、他人を愛して、相手に想いを馳せてアクションをしていきたいです。

絶対に成長します。見届けてくださると、幸いです。

これからも宜しくお願いします。ありがとうございました!!!

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。