Columnwetukuアカデミア コラム

2022.02.26

人生の宝物

2月24日。

気持ちよく晴れた木曜日。

ついに半年間かけて作り上げた20分間が終了しました。

楽しいことも辛いことも乗り越えた先にはこんな景色が見えるんだ、

ステージの上からそう思いました。

あの景色は、一生忘れられません。

半年間の道のりは正直本当に大変でした。

辛くて涙を流したこともありました。

しかし、本気で向き合ったからこそ、その先には自信を持って想いを伝えるプレゼンが出来上がったと思います。

私がこのwetukuアカデミアに出会って学び成長したことは3つあります。

1 自ら口に出すとご縁は繋がること

2 ブライダル業界に進みたいと迷いもなく言えるようになったこと

3 自分にも自信に溢れたプレゼンができること

【1自ら口に出すとご縁は繋がること】

wetukuと出会えたきっかけはこれです。

たまたま締め切りの数日前に久しぶりに会っていた幼馴染み。

「なゆは何になりたいの?」

そう聞かれて

「ブライダル多めで見てるかな〜」

と自信なさげに答えたのを覚えています。

すると、数日後LINEが来て

「なゆブライダル興味あったよね?

これ友達が宣伝やってたから興味があったら見てみて!」

とwetukuのU R Lを送ってくれました。

そこから私の人生は大きく変わりました。

wetukuに入っていなかったら、もうブライダル業界じゃなくてもいいのではないか、と諦めていた気がします。

また、TikTokも自ら声をあげ発信していった結果、5軒ほどの式場に足を運ばせていただくことができました。

そして自分の志である

「自らの力で結婚式をあげたいと思える人を一人でも増やす」

を少しでも体現できたのではないか、と思っています。

このようにまずは口に出してみる。

そうすることで繋がるご縁って本当にあることを実感しました。

【2ブライダル業界に進みたいと迷いもなく言えるようになった】

四大に通っている私はブライダル業界に行きたいというと

「大変そうだね〜」

「ブラックって聞くけど〜」

と言われることが多く、自然と将来何をしたいのか堂々と言えなくなっていました。

しかし、胸を張って言えるようになったのは、業界の人たちの温かさをT Aさんやプロフェッサーの皆さん、対象企業株式会社ブライド・トゥー・ビーの社員さん、S N Sで繋がっている方々などから感じることができたからです。

こんなに生き生きと働いている人たちがいる沢山いる業界に、

私も自信を持って進みたいと言おう!そう思わせてくれました。

半年前は関係が深い人にしか言えなかった

「結婚式のお手伝いがしたい」

という想いが今では胸を張って会う人会う人言えるようになりました。

その想いが就活の面接においても出ていると自分でも実感します。

【3自分にも自信に溢れたプレゼンができること】

私はこれまで本当に人前で話すことが苦手でした。

できればやりたくない。

自分より向いている人がやればいい。

しかし、この最終プレゼンは人生で最も自信を持って楽しくできたプレゼンでした。

私の人生においての成功体験であり、宝物、お守りです。

緊張よりも、楽しいが勝つ瞬間を初めて味わうことができました。

この自信を作ることができたのは、

チームの仲間とともに沢山の時間をかけて試行錯誤しながらとにかく頑張ったからだと思います。

“企業研究“というテーマ。

正直何をしたらいいのか、どこに向かえばいいのか、

毎日毎日悩んでばかりでした。

ただの企業研究で終わらせたくはない。

誰に向けて何を伝えたいのか。

必死にもがいて出した答えがあの20分に詰まっていました。

===================================

最後に、メンバーの3人ぬい、ひよ、なっちゃん、T Aさんかなさん、かれんさん 、

そして沢山の愛を込めて育ててくれたまもさんに感謝をお伝えしたいです。

ここからが新たなスタートです。

業界に入り自分たちがどう業界を変えていくのか。

ここからのwetukuアカデミア一期生の活躍にまだまだ期待していてください!!

本当にご支援、ご協力してくださった皆様、ありがとうございました。

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。