Columnwetukuアカデミア コラム

2021.11.19

Day3 効率的なサービスを

A Iに頼れない!

これが私がサービス業に抱いていた印象で授業でもそのように発言をしました。しかし、まもさんの本当か?という言葉にとても考えさせられました。

今回は、サービスマーケティングの3P「People Process Physical evidence」を学び、その中でもProcessで感じたことを述べたいと思います。

サービスプロセスというのは、サービスをお客様に提供するまでの流れ。

お客様が満足できるようなアプローチ方法、業務プロセスの効率化や待ち時間の短縮化などを実現することが含まれています。その中で、サービス業はとにかく人と人との触れ合い、関わりが大切であるというのが私の考えでした。

しかし、その考え方は銀行の例を聞いて変わりました。お金を下ろすことにも人と人の関わりを大切にし、一人一人に丁寧に対応していた結果、待ち時間が膨大になってしまっていたそう。そこで、機械に頼り効率化を図ったところA T Mが誕生し私たちは現在も便利な生活を送ることができています。このように、サービスプロセスを全てA Iに頼ることはできなくても、一部で頼ることは効率化を図る為に重要であることを学びました。


私はブライダル業界で働く人と一対一でお話させていただくことがある中で、プランナーさんの負担が大きすぎることを懸念していました。そこで、ブライダルサービスプロセスの中でももう少し、働く人の負担を減らすことが必要になってくると感じます。具体的にどのような仕事が負担を減らせるのかは働いてみないとわかりませんが、A Iなどに頼れる部分はあるのではないかと思いました。このようにして、働く人を守っていくことが業界を長く生き残させるために大切になっていきます。


3回のマーケティング講座を受け、これまでマーケティングについてぼんやりとしかなかったイメージが明確化されました。様々な事例を用いて説明を受けてきましたが、これをブライダルに落とし込むのが私たちwetuku生の仕事であると感じます。事後課題であるマーケティング戦略の企画書頑張ります!

そして、これからファカルティーに分かれて活動していくことになります。皆さん忙しい中で予定を合わせてチームで進めていくというのは大変だと思いますが、全力で楽しみながら取り組んでいきたいと思います。これからも私たちの活動に注目していてもらえると嬉しいです。

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。