Columnwetukuアカデミア コラム

2021.10.23

本気で挑戦する未来の自分を描きたい

こんにちは、wetukuアカデミア1期生の越智日和と申します。
オリエンテーションを終えて、心に思っていることを綴ります。

「覚悟が決められないんです。wetukuアカデミアに背中を押してほしいんです。」
選考面談で、マモさんにこんなことを打ち明けました。

業界で活躍されている先輩方の姿勢に憧れて、想いに共鳴して、私の実現したい社会はブライダル業界からつくれるのかもしれないと夢を描いて…。

そう思えば思うほど、ブライダルというものがどこか遠くにある気がして、「ブライダル業界で挑戦したい」と心に決められない自分がいました。きっと、失敗するのが怖いからきちんと向き合うこと・想像することを避けていて、今まで関わってきた領域で動き続けることでその場の安心を手にしたかったのだと思います。あれから数か月、オリエンテーションを終えた今。

「もっと具体的に、ブライダル業界で本気で挑戦する自分を描いてみたい」
こんな風に感じています。

3年後のありたい姿や目標をしっかり掲げていた仲間がかっこよくて、仲間の言葉に勇気をもらったんだよねと素直に気持ちを共有してくれる仲間の姿がうれしくて。そんな仲間たちと一緒に、もっともっと未来を熱く描ける人になりたいなと思えたのです。

それぞれに志があって、その志は人生のいつ・どんな経験から生まれていて、何のために、何を成し遂げたいのか。さらに深めていきたいと思います。たくさんの応援と期待に背中を押していただきながらwetukuアカデミア1期生としてスタートできたこと、本当に幸せに感じています。改めまして、ありがとうございます。

これから半年間、 頭と心を常に動かすこと / たくさんの変化を見落とさないことを大切に意識して、学びを掴んでいきたいと思います!

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。