Columnwetukuアカデミア コラム

2021.10.23

新たな挑戦

初めまして。この度wetukuアカデミア1期生として活動させていただくことになりました、廣葉月と申します。

ようやく、待ちに待った「wetukuアカデミア開校の日」ということで、これまでの流れを振り返ってみました。

企業の合同説明会で”時間が空いたから”と、ふらっと話を聞きにいったブライダル業界に興味を持ち、すぐにいくつかのインターンに参加しました。そして、その後偶然知ったこの「wetukuアカデミア」。悩みながらも、このタイミングで知ったのも何かの縁だと思い、数日かけて提出書類を作成し、応募締め切りの数時間前にエントリー。そして3日後に面談。ここまでで約3か月。

元々直感を信じて動くタイプではありましたが、改めて自分のセンサーの良さとビビっと来た時の行動力は大事にしたいと感じました。また、オリエンテーションまでの半年もない間に素敵なご縁に恵まれたことにとても感謝しています。

今回のオリエンテーションでは、メンバーのブライダルに対する熱い想いを改めてじっくり聞くことができ、心が震えるような、とてもわくわくした時間を過ごすことができました。

マモさんによる講座「志セッション」では、それぞれの想いを伝え合い、お互いにフィードバックすることで、全員がこれまでなかった新しい視野で見つめなおすことができたと感じています。

私が志として掲げた「結婚式の素晴らしさをより多くの人に知ってもらう」「結婚式を通して社会貢献をする」に対しては、”結婚式の良さを伝える必要性ってどんなところにあると思う?”というコメントを頂きました。

”どんなところ”を考える中で、ひとつ気が付いたことがあります。

4年ほど前のとあるTVCMの「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです。」というキャッチコピーが私は大好きで、とても印象に残っているのですが、これは結婚式にも当てはまると感じました。水道や電気などのインフラと違い、結婚も結婚式も、極端な話、しないからと言って誰が死ぬわけでもないし、しなくていい。それでも「する価値がある」があると私自身が感じたからこそ、まだ気付いていない人にも感じてもらいたい。それが私の想いの根源かもしれないな、と。

私は本を読んだり、音楽を聴いたり、お花や写真や絵を見たり飾ったりするのが好きなのですが、なぜ好きなのか考えたときに、どれも「心が豊かになるから」だと感じました。結婚式にもこれと同じような素敵なパワーがあると思います。

だからこそ、「心が豊かになる」体験を、結婚式を通してより多くの人に感じてもたいたい!と今回のオリエンテーションを通じて改めて自分の想いを認識することができました。

これから約半年間wetukuアカデミアの仲間と全力で走り抜けて、みんなで決めたWAY「We will be the  Light ~Shall we make wedding future?~」のように自分自身も光り輝き、また、誰かの光になれるように精一杯頑張ります。

1期生30人の新たな挑戦を温かく見守り、応援していただけると嬉しいです。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。