Columnwetukuアカデミア コラム

2021.11.04

新たな一歩 

サービスマーケティング講座DAY1で、新たな学びがたくさんありました。

特に感じたこと・気づきを2つ挙げさせていただきます‼


1.「リサーチすることの難しさ」(事前課題の旅行代理店の企画にて)

2.「物事を分けていくと見えるものが変わってくること」(マーケティング講座にて)


1つ目の「リサーチすることの難しさ」は、

友人や先輩後輩へ行ったアンケート結果をまとめた時に感じました。

アンケート結果から、いざ企画を考えてみよう!とした時・・

「あれ、これでは何も企画を詰められない!」と気が付きました。

私がリサーチしたのはただの「概要」でしかなかったのです。

(予算は?期間は?場所は?時期は?など。)

ホスピタリティ人材として、「卒業旅行」という特別な思い出を企画するために、

「なぜ行きたいのか」「誰と一緒にいたいのか」「どんな思い出にしたいのか」など、

卒業旅行に対する想いの部分を引き出せるようなアンケート内容を考え、

最高のプランをプレゼントするんだという気持ちが大切なのだと学びました。

実際に活躍されているプランナーの方が「大切な親友の結婚式を創っている気持ち」というように、

旅行も「大切な親友にプランをプレゼントする気持ち」でいれば、おのずとリサーチの内容も変わってくるのでは!

この気持ちを持って、実際に先輩や友達への「サプライズ旅行プラン」をプレゼントしてみたいなと思いました!


2つ目の「物事を分けていくと見えるものが変わってくること」は、ポジショニングマップを作成するワークを通じて感じました。

同じものの比較をしていても、選んだ軸によって異なるポジショニングとなり、見え方も異なってくる。

(この軸なら優位になる。でも、この軸なら優位にはなれない。など)

だから、自社の強みをプラスに認知してもらえるような軸を考える必要があると学びました。

しかし、その軸を決めることが思った以上に難しく、ブレイクセッションでは様々な議論をしました。

「定性の結果は、人の感じ方によって変わるのかな」

「定量だと、価格、施行数、ゲスト数、他は・・?」

「もっと違う言葉ないかな」

「ニュアンスがちょっと違うかも」

たくさん意見を出し合い、言葉の難しさやニュアンスの違いを感じながらも、

4人いれば4通りの感じ方があるという面白さと、学びの楽しさを感じながらのワークでした!


今回、初めて「マーケティング」について詳しく学び、知らない言葉や考え方ばかりでした。

しかし、驚くほどに楽しかったです‼

新しく学ぶことへのワクワク、もっと知りたいという興味、理解できたときの嬉しさ、議論をしていくことの楽しさなど感じました。

これから社会人になっていくにあたって、「マーケティング」の知識は必要なものであり

ブライダル業界へ飛び込むためにも、業界をマーケティングの視点から学ぶことは必要不可欠であると思います。

残りの講座と、プラスαで日々の時間での学びを大切にしていきます!


最後に。

講義冒頭で、「わかりませんは言わない」「問いが出たらまずはハンズアップをする」ということを教えていただきました。

これまでの自分は、この2つのことができていなかったと思います。勇気がでずに・・。

しかし!今は、アカデミア1期生のパワーを身近で感じて、自分も変わりたいと思っています。

わからなくても、自分なりの考えを言語化して伝える。それが大切なことだと教えていただきました。

wetukuアカデミアは、「知識」だけではなく「マインド」の面も教えてくれる、そんな場所です!


社会人として1つ頭が出る存在。ホスピタリティ人材として当たり前のことを当たり前に

この言葉を胸に、これからも進んでいきます!

たくさんの学びをありがとうございました!

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。