Columnwetukuアカデミア コラム

2021.11.11

愛だけでは賄えないもの/第二回講座を終えて

お久しぶりです!!
のんのんです^_^

第2回wetukuアカデミア結びました!
今回の講義は現実的な部分に着目し、より深く探求するそんな講義でした。

ウェディング=無形商材です。
金額が高いので、安くしよう!
これは、安易な考えだなと思いました。
言われてみれば、平均の金額よりも低すぎる場合、
“え?これほんまに大丈夫??”
不安要素が凄く出てくると思います。
サービスと金額の比率が合っていないと顧客に思われた場合、他の競合他社に契約を取られてしまいます。よって、一度に300万以上の利益を失ってしまうことになります。

くぼちゃんの例えが分かりやすかったので引用させていただきます笑笑
私たちにとってコンビニでアイスを買う時、10円20円違うと少し悩みますよね??(あかん、これは学生ならではかも^_^)
それと同じじゃないかなー?と、、、
結婚式の金額において10万20万違うのは感覚として似ている気がします。
じゃあ、その違いで顧客は何を求めるのか、

“クオリティー”

これに尽きると思います。
自分の予算内であっても、口コミが悪ければ、少しオーバーしてでも口コミの良い式場を選びます。
SNSで検索した結果、今の傾向に通ずるものがありました。
興味を持った式場を検索すると、ホームページよりも先に、口コミのまとめサイトが上に出てきます。
これ、他の商品ではあり得ないことだと思うんです。
無形商材の最高価格とも言われる結婚式ならではだと思います。

だからこそ難しい笑笑

大体このぐらいと言われる金額があります。しかし、

“何にどれだけかかってる?”

高額なのに不透明だと感じます。

“顧客めちゃめちゃ不安やん。
 もっと細かく出せばいいのに、、”

これは何も知らない私が思っていた考え。
昨日の講義で目から鱗の事実を知りました。
よくよく考えてみれば、式場代、広告代、、、
その他にも目に見えていない金額が沢山あります。
顧客を1組誘致するのに、平均15万。
今は20万以上かかることもある。
本当に驚きました^_^

詳細な金額を出したくても、出しにくい。
まだまだ知らないといけないことがたくさんありそうです。
学ばないと、話を聞かないと、提案を出せるレベルまで昇り詰めます。

では、またの機会で
バイチャーーー!!

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。