Columnwetukuアカデミア コラム

2021.10.23

wetukuアカデミア1期生オリエンテーション!-出会いに感謝-

この度wetukuアカデミア一期生として
入学させていただくことになりました、池田葵と申します。

本日は改めて、守さんのwetukuアカデミアへの想い、運営チームの皆さまやTAの皆さまからメッセージをお聞きし、この環境で活動させていただけることへの感謝の気持ちがこみあげてきました。

そして、今日までたくさんの仲間が主体的に交流の場を設けてくださったおかげで、「緊張」よりも「ワクワク」の方が大きかったです。30人という組織を1つにしてくれた感謝をこの場をお借りして伝えさせてください。ありがとう!!

志シェアでは、みんなそれぞれ想いが込められていることを感じ、常時前のめり状態でした。同じ業界を目指す30人でも、見て来た景色や目指す想いは、1人1人異なり、共感する部分に出会ったり新たな視点に気づくことができたりと、刺激をたくさんらいました。また、志へのフィードバックの時間には、とても学びになりました。こんなにも私のことに真剣に向き合い、考え、アドバイスを伝えてくれて、嬉しくて涙が出そうでした。

ココロザシの重要な要素である「社会性」の部分にも、気が付かなかった考え方を、守さんをはじめメンバーにヒントをいただいたのでブラッシュアップしていきます。

自分では気が付くことのできなかった自分の想いを知ることができ、「仲間の存在」の心強さやありがたさを改めて実感しました。私も仲間の心の奥に関わり、何かのきっかけづくりに貢献できたらなと思いました。「wetukuアカデミア1期生のWAY」をみんなで決めるというセッションは、久保ちゃんとまゆゆさんが中心となってくださり、進めやすかったなと思います。大学やインターンシップなどでのグループディスカッションでは、意見がでなかったり、少し間があったりしますが、wetukuアカデミアのメンバーとはコメントが止まらないという熱い雰囲気でした。相手の言葉には1つも漏らすことなく拾って尊重し、より良い意見はしっかり発言する。そんなメンバーを見て、私ももっと発言をして、もっとみんなの力になり、私自身も成長したいと強く思った時間でした。

熱い想いや志を持ち、仲間を大切に思うメンバーに、私自身も寄り添って一緒に最後まで走り抜きたいと思います。

これから半年間が楽しみです。たくさんの方々からの応援をいただき、そしてたくさんの方の時間をいただいき、この活動ができることへの感謝の気持ちを忘れず、半年間、その先まで走り抜けていきます!

これからよろしくお願いいたします。

send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。