Columnwetukuアカデミア コラム

2021.12.13

大好きな仲間

大学1年生の頃から所属していた学生団体を引退しました。
この団体は、1年に1度開催される「ゼミ大会」というゼミ生のプレゼン大会の企画運営をする団体です。
活動内容としては・・
協賛企業とのやり取り、審査員の誘致、各ゼミとの連絡、ポスターやパンフレットなどの資料作成、
当日の司会業務など、1から企画運営を行っていきます!


私は今の1.2年生に対する新歓担当を任せていただきました。
現2年生の新歓期間では、団体としての活動もオンラインでほとんどなく、SNSも上手く活用できず、
新入生を迎えることができませんでした。
翌年には、たくさん考えて、たくさん考えて案を練って、同期にも毎日のようにmtgをして協力してもらいながら、
現1年生を40名迎えることができました!(さすがに驚きました・・笑)
そのため、本来は1.2年生で活動する団体ですが、ここまで1.3年生(4年生数名)で活動してきました。

正直、同期との絆が深まったのは、コロナ禍の新歓を経てでした。
1年生の頃は先輩に付いて頑張ることばかりで、同期全員で集まることもなく、という感じでした。
しかし、新歓期間にzoom交流会をひたすらに開いたり、後輩を迎えるにあったてのmtgを行ったり、
後輩を迎えてからはさらに絆が深まったように思います。

そんなチームを、昨日をもって引退となりました。
10月からの2か月は、常に学校に集まり、各役職ごとでのmtgや業務を行ってきました。
いつもふざけているメンバーも真剣に仕事を行い、頼りになります。
1年生も可愛い後輩だけど、素直で一生懸命で、たくさん頑張ってくれました。
意見の対立があっても、真剣で、お互いを尊敬しているからこそ、あったものだなと思います。


1年生に対しては、2年生を迎えることができず、任せることも多く、責任を感じていました。
それでも、いつもキラキラた笑顔で「あおいさーん」と来てくれて、「入ってよかったです!」と言葉をくれて
本当に嬉しかったです!

同期とも、1年生に何か残してから引退したいね、と話しながら日々を過ごしていきました。

結果、何を後輩に残せたかはわかりませんが、「新歓の時声をけてくれてありがとう」「声をかけてくれなかったら大学楽しくなかったかも」「ここに入って本当に良かった」というような嬉しい言葉をたくさんもらいました。
団体内でもこれまで楽しい対面でのイベントなどは何もできませんでしたが、部屋に集まりおしゃべりをしたり、
一緒に作業をしたり、個々でごはんに行ったり、そんな日常でも、「楽しかった、幸せだった」と言ってもらえて
本当に本当に嬉しかったです!

同期とも、引退まじかに同期会を行ったり、遅くまで残って準備をしたりする中で、出会えたことの嬉しさや、仲良くなれたことの嬉しさ、一緒に頑張れたことの嬉しさ、引退することの寂しさを感じてきました。
正直、未だに実感はありませんが、来週の交代式をもって本当に引退になるのでとても寂しいです。
繋がりが切れるわけではないので、これからもみんなとは大好きな同期、後輩、先輩だと思っています。

1年生で団体で活動をして、2年ではオンラインでの少しの活動、3年でもオンラインスタートという、
限られた中での活動も多くありましたが、この期間があったから仲間と会える幸せや、一緒に頑張れる仲間の存在の大切さに気が付くことができたのだと思います。
沢山、楽しい想いもさせてもらったし、学ばせてもらいました。正直、しんどいと悩む時期もありましたが、仲間がいたから乗りきることができました。

この場をお借りして、、
みんな本当に素敵な時間をありがとう!出会ってくれてありがとう!一緒に頑張ってくれてありがとう
これからもずっと大好きです!
大好きな可愛い後輩ちゃん、これからも元気に頑張ってね!


send

私たちTIPLOGに関して、ご質問やご要望などございましたら、こちらからお気軽にご連絡ください。